当日予約可能

  • 075-352-6711

    診療時間
    10:00~13:00 / 15:00~20:00(最終受付19:30)

Cosmetic

審美治療

審美治療について

健康的で美しく、機能的にも優れた口元にすることを目的とした治療。それが審美治療です。
白く美しい歯は、清潔感を演出し、ポジティブな印象を与えてくれます。実際に審美治療を行った結果、よりイキイキと元気になった患者さんを数多く見てきました。また、噛み心地なども向上するので、クオリティ・オブ・ライフの向上も期待できます。

被せ物・詰め物の種類

保険治療

硬質レジン前装冠

内側が金属のフレームで作られていて、外側にレジン(プラスチック)を張り付けた人工歯です。プラスチックは吸水性があるため、時間が経過すると変色する可能性があります。

CAD/CAM冠

CAD/CAMという機械を利用して、ハイブリットセラミックのブロックを削り出していく手法です。一部の歯に限りますが、保険適用で白い歯を手に入れられます。

銀歯

正式名称を金銀パラジウム合金と呼び、保険が適用されるので、治療費を安く抑えたい方におすすめです。一方で入れる箇所によっては見た目に問題が生じることがあります。

自費治療

ハイブリットオールセラミック(ハイブリット前装冠)

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた補綴物です。見た目や質感は若干オールセラミックよりも劣りますが、レジンを組み合わせているため柔軟性に優れています。リーズナブルでありつつ、割れにくいなど機能性は抜群です。

  • メリット

    • 歯の色に似ているため見た目が良い
  • デメリット

    • まれに割れることがある
    • 保険診療に比べて費用が高額
    • 裏側が金属なので金属アレルギーのリスクがある

メタルボンド

内側が金属で作られていて、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。金属を利用しているため、強度に優れています。また外側がセラミックなので審美面も確保しています。ただ、金属アレルギーを持つ方には使用できません。

  • メリット

    • 天然歯の色合いに近づけられる
    • 優れた耐久性を持っている
  • デメリット

    • 裏側が金属なので金属アレルギーのリスクがある

オールセラミック

フレームに金属をいっさい使用しないタイプの補綴物です。天然歯のような白さと透明感が再現できるので、多くの方に好評をいただいています。また、金属アレルギーの心配がありません。ただ、強く噛んだ際には割れることがあるため、奥歯などにはあまり用いません。

  • メリット

    • 金属アレルギーの心配がない
    • 口腔環境を清潔に保てます
  • デメリット

    • 歯を削る量が増える可能性がある
    • 保険適用外のため、自費による診療となる

料金案内

ハイブリットオールセラミック(ハイブリット前装冠) ¥110,000(税込)
メタルボンド ¥143,000(税込)
オールセラミック ¥154,000(税込)

ページトップへ戻る