当日予約可能

  • 075-352-6711

    診療時間
    10:00~13:00 / 15:00~20:00(最終受付19:30)

Child

小児歯科

小児歯科について

小児歯科は、お子様が一生健康な歯を保つことをサポートする診療科目です。食生活の管理、日々の予防、必要に応じたクリーニング・治療などを組み合わせていきます。特にお子様の歯は、歯質が弱かったり、乳歯と永久歯が混在していたりと日々状況が大きく変化します。
乳歯がむし歯になったり、歯並びが悪くなったりすると、大人になってからもさまざまな悪影響を及ぼすので、小さな頃から歯科医院で検診を受け続けることは大切です。

子どものむし歯の原因

むし歯の「感染源」はどこから?

むし歯菌はもともと私達のお口の中には存在しません。では、どこで感染するのでしょうか?それは私達が赤ちゃんのとき、食器を共有したり、口移しをしたりすることで、既にむし歯菌を持っている大人から感染します。そのため、お子様のむし歯を防ぐには、親御様のお口も清潔な状態にしなければいけません。

大人よりも子どもがむし歯になりやすい理由

歯磨きが上手にできない

大人でも上手に歯磨きができる方は少数派です。つまりお子様だけで歯磨きを完結させると、磨き残しは確実に多くなります。そのため、お子様が歯磨きをした後は、仕上げ磨きを行ってあげましょう。親御様がお口の健康維持をサポートすることで、確かなむし歯予防効果が期待できます。

乳歯のエナメル質や象牙質が薄い

大人の永久歯に比べると、乳歯の歯質は安定していません。そのため、むし歯になりやすく、進行するスピードも早いのが特徴です。だからこそ、歯にトラブルが起こる前の健診が重要になります。

食べカスが溜まりやすい

乳歯や永久歯の奥歯は、生えたばかりだと溝の部分が深いのが特徴です。そのため、食べカスが溜まりやすくなります。また、完全に生えきってはないので、歯ブラシの毛先が届かず、磨き残しも生じることから、むし歯リスクが高まってしまうのです。

子どもの歯の予防

歯科医院で行う予防

フッ素塗布

フッ素は歯質を強化したり、細菌の繁殖を抑えたりする効果があります。そのため定期的に塗布していけば、むし歯になりにくい強い歯へと変わっていく効果が期待できます。

歯磨き指導(TBI)

当院の歯磨き指導は、歯科衛生士とお子様が一緒に楽しみながら行っていきます。目指しているのは、むし歯になりやすい「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」などの汚れを確実に取り除くこと。親御様には年齢に応じた仕上げ磨きのアドバイスも行っていきます。

歯科検診

お子様の歯の状態を定期的にチェックしていきます。そのうえで、年齢に合わせたアドバイスやクリーニングなどを行い、お口の健康をサポートしていきます。

ご自宅で行う予防

仕上げ磨き

むし歯予防には親御様の仕上げ磨きが必要不可欠です。当院では、確かなむし歯予防につながる仕上げ磨きのトレーニングを行っています。また、適切な歯ブラシの選び方も提案できますので、お気軽にご相談ください。

食生活を正す

甘いお菓子やジュースは、非常に多くの糖分が含まれています。またこれらを間食の際に食べるとお口の中は酸性状態となり、むし歯の発症リスクを高めます。そこで、間食を控えたり、甘いものを抑えたりと少しずつ食生活を改善していきましょう。

子どもの歯の治療

乳歯は永久歯に比べると歯質が弱い傾向にあります。そのため、むし歯の進行スピードが非常に早いのが特徴です。むし歯を放置すると、歯列不正(歯並びが悪化すること)につながる可能性もあるので、早めに治療を行いましょう。当院では、歯科医院にネガティブな気持ちを持つことがないよう、無理をしない治療を心がけています。激しい痛みがない限りは、まずは治療を行わず、歯科医院に慣れていただくことを最優先に取り組んでいます。

ページトップへ戻る